<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「虎よ、虎よ!」アルフレット・ベスター著 ハヤカワ文庫

以前読んでさほど面白いと思わなかったのですが、どうも気になり再読してみたらとても面白いと感じました。

それが今回読んだ「虎よ、虎よ!」です。

d0063706_3224931.jpgカバーイラスト・生瀬範義
となっております。
いかにもSF冒険物という感じです。

1956年に書かれた本ですが、全く古さは感じません。
逆に新しさを感じるから凄いです。
で、話は、25世紀を舞台とし、ジョウントという身体移動いわゆるテレポーテーションが発明された時代です。
そして、木星外惑星の住民と内惑星の住民は戦争を引き起こしております。

その時、火星と木星の間で破壊された輸送船「ノーマッド」の気密室に唯一生き残り、定期的に酸素ボンベを交換しに外に出る以外閉じこもって170日間生存し続けている男ガリバー・フォイルが、たまたま通りかかった船「ヴォーガ」にやっと助けられるのかと思いきや無視されるところから始まります。

その時、自分を見捨てた「ヴォーガ」に対する復讐心が燃え上がり、その復讐心のみで壊れた
「ノーマッド」を何とか動かし復讐の旅が始まります。

ところがいきなり火星木星間の小惑星帯にある野蛮な科学者集団の人工惑星に捕まり顔に虎の刺青をされてしまいます。
しかし、そんなことで復讐心の火は消えません。無理やり人工惑星の一部である宇宙船を動かし惑星から引き剥がして脱出。
地球に向かいます。
しかし、「ヴォーガ」を見つけ破壊しようとしたところを捕らえられてしまいます。
捕らえたほうは違う意味でこの主人公に興味を持ち始めます。
宇宙船「ノーマッド」に積まれていた莫大な量のプラチナと謎の物質パイアに興味を持ってその船のありかを聞き出そうとしますが、主人公はどんな拷問にも口を割らず、「ヴォーガ」に対する復讐心のみが心を収めております。

そして洞窟内の監獄へ送られる事に。

前半は主人公は短絡的に復讐心のみで突き進んで、しかも、船である「ヴォーガ」に対する復讐の事しか頭にない状態。しかし、行動は上手くいかず、逃げる事で精一杯の状態。

その監獄を若い女性と共に脱出し、「ヴォーガ」に対する復讐というよりもその乗組員に対する復讐を考えるべきだと教えられます。

そして、何とか宇宙船を確保し「ノーマッド」に詰まれた荷を取りに再び宇宙へ旅立ちます。

その復讐心はとてつもなく強く、その一直線さが気持ちいいです。

「ノーマッド」の荷を何とか回収できたと思いきや追っ手が追跡しており、荷は回収できたがパートナーの女性は追っ手に囲まれ荷をあきらめないと回収できないと判断したとたん、ジェット噴射で追っ手と女性もろとも吹き飛ばし脱出します。

何よりも復讐が最優先で荷は復讐にはなくてはならない資金なのです。

そして数年後、地球にサーカスの一団が派手に到着します。その団長は超大金持ちで調子のいい人気者であります。

実はこれが主人公の化けた姿で、いよいよ復讐に取り掛かるため戻ってきたのです。

顔の刺青はなくなり身体改造して一時的にとてつもないスピードで動く事が可能となっております。

中半は主人公が復讐すべき相手を探し回る過程が描かれます。
腐敗しきったローマのスペイン階段や世界のあちこちにジョウントして飛び回ります。

そして、復讐すべき相手を知った主人公は・・・

後半は復讐ではなく違う次元へ行ってしまいます。

ラストは2001年宇宙の旅のように終わります。
しかし、これは2001年宇宙の旅よりも10年以上にかかれております。

単純な話と思いきやラストは奥深く、理解するのが困難です。
描かれる世界は猥雑でイってしまっているようなところもチラホラ。

この世界はいったん引き込まれると病みつきになる気がいたします。

火星を精神的に支配しているサン・ミッシェルに住む70歳の子供や、外惑星から放たれたミサイルがニューヨークを火の海にしてその姿を赤外線しか見ることのできない女性の視覚描写の美しさ。等々・・・

普通じゃない世界が気味悪くも美しく描かれております。

文体も面白いです。
d0063706_4202154.jpg日本語訳の本ですが後半の数ページに写真のようなタイポグラフィーの嵐があります。
はまるとかなりはまる本です。
しかし、人によっては受け付けないと思います。

私がSFを読むにあたって参考になるのがハヤカワ文庫のSFハンドブックです。

d0063706_4323478.jpgもう10年以上前に買ったので現在あるかわからないですが、SF興味を持ったらこのハンドブックはお薦めです。有名作品の簡単な説明が数多く出ており参考になります。

オールタイムベストも紹介されており今回の「虎よ、虎よ!」は7位に入っております。










d0063706_4353465.jpg

1位の「夏への扉」は明るく気持ちよく読みやすく内容はバック・トゥー・ザ・フューチャーで作者はハインラインです。他には「人形つかい」を読みましたが難しい解釈等必要なく単純な娯楽作品として読める点で好感はもてます。いかにもアメリカ的という感じです。

2位の「幼年期の終わり」は「2001年宇宙の旅」のと同じ作者で私の1位でもあります。始め読みづらいですが、その迫力と想像を超えるスケール感は段々のめり込ませ、ラストはとてつもなく衝撃を受けました。現在は地球の幼年期で悪魔の姿をした宇宙の使者が巨大な円盤で都市上空に滞在し人類を次の段階へ導きます。なぜ悪魔の姿なのか?次の段階とは?読めばわかる様になっております。スピルバーグに映像化してほしいと常々思っております。
逆に「2001年宇宙の旅」の映画を観て理解できない場合は同時進行で書かれた本の2001年宇宙の旅を読むと解りやすく書かれております。

3位の「ファウンデーション」は読んでおりませんが、原作はアシモフで、映画「アイ・ロボット」の原作者でトレビアの泉のオープニングにいつも紹介されている人です。
他の作品を読んだ事ありますが、読みやすく引き込まれる話が多いです。はずれがなさそうです。

4位の「アルジャーノンに花束を」は超有名ですね。しかし、私は本は持っているけど未だに読んでおりません。確かに面白そうなのですが。

5位「火星年代記」は今一番読みたいSFです。昔ドラマをやっていたのをうっすらと覚えておりますが、今になって読みたい気持ちが強まっております。文体が美しいとの事。

6位の「デューン」も映画になっておりますが読んでおりません。

8位の「リングワールド」はスケール感が凄いです。だいぶ前に読んだのでほとんど忘れましたがそのとてつもないスケールの世界を冒険する面白い話でした。

9位「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」も「ブレードランナー」の原作として有名ですが読んでません。原作者ディックの他の作品は何冊か読んで面白いのが多いですが、難しくて解らないのもいくつかありますので作品によって好き嫌いが出てきそうです。

10位の「ソラリスの陽のもとに」は私のお気に入り映画の一つの「惑星ソラリス」の原作。これは映画のインパクトが強くあの映画の中の世界が好きなので本も読んだのですが少し忘れてしまっております。ほとんど映画と同じなのですが所々違っていたような。もう一度読み直してみようかとも思っております。映画はもう10回くらい見ております。始めは受け付けませんでしたが、あの映画ははまると本当にはまっていしまいます。

このベスト10は読んで外れはないと思います。

とこの外この本では様々なSF作品が紹介されておりますので、興味ある方はまずこの本を購入する事をお薦めします。
[PR]
by yururitositarou | 2005-12-31 11:12 |

「水中都市・デンドロカカリヤ」安部公房著・新潮文庫

安部公房著作は以前、「砂の女」と「他人の顔」を読んでおりますが、もう10年以上前なのでうろ覚えですが、両方とも社会に対して疎外感を持っているような感じがして独特の世界です。

現実逃避にはうってつけです。それと妙に主人公に対してどこか突き放したような感情移入されていないようなそれでいて、作家の感情が充分反映されているような不思議な感覚を味わえます。理解できたのか理解できていないのかもわからないです。

で、今回は「R62号の発明」がテレビで紹介されていて、面白そうと思い読んでみようかと本屋に行ったらなかったので
「水中都市・デンドロカカリヤ」を購入しました。

短編集です。

幕開けは「デンドロカカリヤ」でこれは、コモン君がデンドロカカリヤになった話です。

コモン君って?

”コモン君はコモン君さ~要するにコモン君でありさえすればいいんだよ”と説明してくれます。
そのコモン君がデンドロカカリヤになった過程を友人が口語的に聞かせてくれます。

わけがわからないって、そうさ、それでもいいじゃない。

でも、コモン君の話はいい方さ。ちゃんとコモン君がデンドロカカリヤになる過程が描かれていてわかりやすいよ。

それ以外の話はもっとわけがわからないだろうね。

私的に一番わかりやすいというかインパクトあったのが「闖入者」でした。

主人公の部屋にいきなり3世代一家(4世代だったかな)が入り込んで自分達の家のごとく住み込んでしまい、主人公はいいように扱われて理不尽な世界が展開します。

外に助けを求めても誰も助けてくれません。
もう救いがない状態で、ラストは悲惨な終わり方をします。

現実にあったら恐いですが、私のベストフェーバリット映画の一つでもある「ドクトル・ジバゴ」にも同じような場面があったのを思い出しました。

ロシアでは社会主義になるにあたって、私有財産は許されなくなり大きな部屋に住んでいた主人公一家の部屋に他人がどやどやと入ってきていつの間にか住んでしまって主人公一家は片隅の一部屋だけが残された状態になってしまいます。

恐ろしい事です。

逆に大豪邸などに暮らしている人を見ると部屋の一部を分けろと言いたい気持ちも判るような気もしますが・・・やはり、あかの他人と住を共にするのは苦痛であると思います。

で、その他、「ノアの箱舟」は旧約聖書の有名な話は実は・・・という話。
これもけっこう面白いです。

「鉄砲屋」は平和な未開発の島が、鉄砲のセールスマンの出現で上手く騙され戦争に突入していく話。

表題の「水中都市」はわけわからないです。

これは理解しようと思ってもそう簡単に理解できそうもないと思いまして、作者独自の感覚世界のようであるのでその世界観を味わうという楽しみ方をすればいいかもしれないです。
たまには通常と違う世界を体験してみるのもいいかもです。

ここに収められている短編よりも「砂の女」と「他人の顔」の方がわかりやすく描かれてはいると思いますので、未読の方はそちらから読んだ方がいいかもしれないと思わされましたが、個性はこちらの方が強く出ているようです。

評価のしようがない内容の本であります。

d0063706_2581627.jpg
カバー装画 安部真知となっており調べてみたら安部真知氏は安部公房氏の奥さんでした。
この絵も小説同様独特です。
なんだか夫婦そろって異才で凄いな(ある意味カッコイイ)と感じております。
[PR]
by yururitositarou | 2005-12-27 02:11 |

北斎展

もう大分たちましたが、先月末の平日東京国立博物館で北斎展見にいきました。

チケットの写真を載せようと思いましたがどっかにいってしまったので今回は写真無しです。

ちなみにチケットは「神奈川沖波浪」という、有名な波の合間に船があり遠くに富士山が見える絵です。

あの絵の波は今の日本では考えられないくらいの海外のサーフィンスポットのような大波ですが、江戸時代の神奈川沖の波はこうだったんだと勉強になります。

北斎というと「冨嶽三十六景」で有名な絵が連打して展示してありました。

ただ、版画なので大量生産されているわけで、それほど、ああ、これが本物なんだという感動は少なかったです。

それ以外に武者絵などは、タッチが「冨嶽三十六景」と比べると劇画チックでこんなのも描いていたのだと新鮮でしたし、人が変なポーズをとっている絵とその影が障子に映り木に止まる鳥や灯篭に見える絵が描かれている絵は面白くお笑い芸人が取り入れたら結構受けるんじゃないかと思うようなものもありまして面白い事は面白かったです。

ただ、平日にもかかわらず大混雑で所々は飛ばして見るような状況です。

全部飛ばしてしまうと悔しいので、見たい絵は前列の行列に並んで何分も待って見るという有様です。

3時に券を買った時点で40分待ち。

こういうときは本を読むことにしますが、流石に40分は長いので、こういう場合は常設展がお薦めです。

美術の有名どころが多数あるのに空き空き状態。

ここの日本の常設展は来るたびに見ておりますが、毎回空いておりますのでじっくりと見ることができます。

戦国時代の鎧などもいくつか置いておりますし本阿弥光悦、尾形光琳、横山大観など教科書に載っていたものも多数あります。

ただ、各地に出品したりしているせいか、日によって観ることができるのとできないのがあります。

その中で、特にお薦めは江戸時代のコーナーの「根付」という工芸品です。

今で言うと携帯ストラップなどに付いているキティちゃんなどの人形のような物です。

いわゆる小さな人形で、昔の人は巾着とかの紐に付けて紐が緩まないように滑り止めとして使っていたようです。

それが実によくできていて動物やら人やらがかわいくデザインされており、売っていたら買いたい物だと見るたびに思います。

油断すると通り過ぎてしまいそうな場所にあるので国立博物館に行く際は注意して探してみてください。

で、4時くらいに北斎展に並んだらいまだに20分待ちですぐに入れない状態。

北斎人気にあらためて驚くと同時にいまだに人気を保っているとは凄い人だとつくづく感じました。
[PR]
by yururitositarou | 2005-12-15 02:08 | 日常

功名が辻 司馬遼太郎著 文春文庫

「功名が辻」読み終えました。
来年のNHK大河ドラマの原作です。

初代土佐藩主、山内一豊とその妻、千代が主役の痛快出世物語です。
司馬遼太郎作品は読みやすいものが多いですが、これも例に漏れず読みやすく、出世ものなので気持ちがいいです。
出世ものというと豊臣秀吉の太閤記が有名で司馬遼太郎も「新史太閤記」新潮文庫で書いており、これも面白いのですが、本としてはこの「功名が辻」の方が面白かったような印象です。

同じ出世ものでも微妙に違います。

山内一豊は信長、秀吉、家康と付き従って出世していきますが、どちらかというと人が良く、要領が悪いうえ、かけ引きを知らないような素朴な人間です。それゆえに、千代という賢い妻の言う事をよく聞いて、千代の言うとおりに動いて出世して最後には土佐一国という大大名になります。
その点、秀吉は自身が要領よく動き回る事によって出世していきます。秀吉の妻のねねは、大変魅力的ですが、夫の仕事に口出しするというよりは、精神的支えとして夫を助けていくような人という印象があります。

山内一豊の妻、千代は夫の仕事に口出ししますが、それもいやみなく夫をおだてて盛り上げてその気にさせるという点でやはり精神的にも支えになっております。

この物語は山内一豊というよりもその妻、千代が主役となって大活躍する話です。

賢いのですがいつまでも若く、かわいい女性として小説では描かれております。
司馬作品の中では一番女性が魅力的に描かれているのではと思います。

山内一豊の妻というと「馬」が有名です。
何をした人かよく知らなくてもこの話は物語となって今でも語り継がれております。
この話でもその過程が詳しく面白く描かれており、前半の見所の一つです。

ですが、これだけではなく後半の関が原にいたるまで千代が夫を手助けする話が続々と続きそれがことごとく当たるのです。
個人としては自ら着物を作っては町で似合いそうな娘を見つけては作った着物をあげてしまったり、日本初の展覧会を開いたというようなことが書かれており、まさにスーパーウーマンです。

結婚当初、夫に一国一城の主にする代わり、夫には生涯側室は持たないでと約束します。
まさにその通りになる展開で、夫の伊右衛門(一豊)は約束どおり側室を持たず、それが為、世継ぎもできないので、逆に千代が側室を持つようにと進めるのですが、もう、伊右衛門は千代以外の女を受け付けないようになってしまっております。
本当にここまで律儀な人だったのだろうかと驚きです。
ただ、例外がありますがそれは本を読んでください。

反対に秀吉は家臣の妻にまで手を出す有様でどうしようもない女たらしな分、この伊右衛門の律儀さが不思議に感じられます。

話は本に戻りますが、この夫婦の話以外にも面白い箇所がいくつかあります。
他の司馬作品でもたびたび出てくるのですが、大名仮装大会の話は面白いです。
ちょうど秀吉が朝鮮を占領するため軍隊を送って自らは今の佐賀県にある名護屋城におり、そこで国内にいる大名達を集めて、仮装大会を催す話なのですが、韓国の人の心を逆なでしそうな話ですが、これが面白いのです。
家康などはこういうことが大嫌いなので、いやいやでもしかたなくザル売りに変装して見物人の爆笑をさそいます。他にも有名大名が出てきて見物人の爆笑をさそいます。ただ、この本の主人公である伊右衛門はこの場にいなかったので、仮装しなくて済んでおります。

余談ですが、朝鮮で死闘が繰り広げられているのに、仮装大会など下らない事に高じている秀吉はどうしようもない奴ですが、そんな秀吉を韓国で人気のスマップの草薙君が演じたのは驚いた記憶があります。韓国から見ると大悪人である秀吉をなんで韓国で人気のある俳優に演じさせたのか、また演じたのか、それもそう問題にならなかった点など不思議でなりません。ただ、ドラマでは朝鮮の役は描かれておりませんでした。

この本の最後の方は土佐に入る話です。
この本で一番書き方が難しい箇所であります。
この地は元々、長宗我部氏の土地で長宗我部氏を追い出しての入国になりますから地侍達の激しい反発が待っております。
そこで山内一豊は家来のたてた作戦にのり、地侍のリーダー達を相撲大会と称してあつめ、騙して皆殺しにしてしまいます。
これが唯一、千代に相談しなかった行動です。
しかし、それを読者がなんとか納得する形で描いておりますが、その点で少し最後は寂しさが漂います。

この地侍達は後々、郷士として江戸時代の間、土佐藩侍よりも位が低い扱いを受け続けます。
郷士は日傘をさしてはいけないなど厳しい条件があります。
それが後々、郷士から武市半平太や坂本竜馬などが現れるという事になります。

よって、この本を読んだ後、「竜馬がゆく」文春文庫を読むと土佐藩の流れがわかるかもしれないです。超長編小説ですが読みやすく笑いも多々あるので長さを感じないです。読んでない方は読んでほしいです。

一方の追い出された長宗我部盛親のこの後は「城塞」新潮文庫で描かれており大阪の陣で真田幸村や後藤又兵衛、明石ジュアニーなどと共に大阪七将星(北斗の拳の五車星みたいです)となり家康相手に活躍します。
この「城塞」の後半の将星探しは面白く、戦闘スペクタクルは凄い迫力ですのでお薦めです。
映像化不可能かもしれないです。

山内一豊が死んだ後、千代は藩主を甥に譲り自らは京都で静かに暮らします。
そして、十数年後、夫と同じ年齢で楽しい人生だったとつぶやいて静かに息を引き取ります。

ラストの残虐シーンがあるにもかかわらず、読後感は爽やかな印象を受けました。
それは山内一豊と千代が死ぬまで仲良く青春しているからであると思います。

この夫をしてこの妻とまさに化学反応のような組み合わせの夫婦であると感じられました。
子供がいない分(一人生まれますが・・・)夫婦の間はいつまでも友達のように仲良くそれが読後感に懐かしさと寂しさもかもし出します。

NHKの大河ドラマでは仲間由紀江が千代をやりますが、本を読むと千代はもう少し肉付きがよくふくよかな印象です。しかし、トリックなどでみせた、ユーモアのある演技には期待できるかもしてません。
他にキャスト見てみると、
山内一豊…上川隆也はちょっといい男すぎかも、小説でも素朴で味のある二人の年上の家来に武田鉄矢と前田 吟という組み合わせは見ものかもしれないです。

楽しみです。

本としては漫画のように読みやすく戦国史の流れもわかりやすいのでお勧めです。

d0063706_19355595.jpg
表紙は長谷川信春「牧場図屏風」ということで、味わいがある絵です。
東京国立博物館蔵となっており、先日北斎展行ったついでに常設展を見ましたがこの絵は見つかりませんでした。どこかに出品しているのかもしれません。残念、ですが、常設展は結構面白いので歴史が好きな人は何度見ても面白いかもしれないです。
北斎展については次に書こうと思います。
[PR]
by yururitositarou | 2005-12-02 20:00 |