<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

12月29日、夜の上野公園にて

d0063706_22111035.jpg


「硫黄島からの手紙」見た後、 上野公園の西郷さん像と彰義隊の墓の間の広場に輝いているのを発見。

上野動物園の宣伝なのかわかりませんが、色々な動物が美しく輝いております。

結構、よくできていてかわいく綺麗だったのでついつい撮ってしまいました。

映画で戦争の恐ろしさを見た後なので、上野戦争で戦った両者、江戸を攻める西軍の西郷さんと江戸を守ろうとして敗れた彰義隊の間に挟まれて、動物達が戦争やめようよとでも言っているようにも見えます。

でも、当時は戦わざるを得ない状況。でも、戦争ってみなそうですね。

彰義隊については司馬遼太郎氏の「花神」や吉村昭氏の「彰義隊」を読んで思い入れがあります。

必死に江戸を守ろうと彰義隊士が沢山亡くなった戦場が今は平和に優しく輝いております。

写真の他にも色々な動物が輝いていて、結構見ごたえありますよ~!
[PR]
by yururitositarou | 2006-12-31 22:47 | 日常

「硫黄島からの手紙」私の本年度No.1です!

「父親達の星条旗」に続いて「硫黄島からの手紙」観ました。
二作とも大学の先輩GFC氏と観にいきました。

両方を見て日本人、アメリカ人、とういう違いはなく、双方、国によって強制的に悲惨な人生を送る事になった生まれた国が違うだけの同じ人間という感じがいたしました。

「父親達の星条旗」を観た時、本土の社会より戦場の方が利害関係もなく、人種差別もなく、ただ生と死のみしかない純粋な世界で、今の様なモラル崩壊、いじめ問題、格差社会の世の中より美しいという、矛盾した感情を抱きましたが、「硫黄島からの手紙」はストレートに戦争の恐ろしさが伝わってきまして、そんな余裕はないほど戦争の恐ろしさを感じました。

大宮のパン屋さん役の二宮君の自然な演技は予想以上に素晴らしかったです。
普段は何処かすねた様な表情で、栗林中将やバロン西などの尊敬できる人を見る時は輝いた目つきになり、戦友の無残な死のときの大げさすぎない泣き方は自然であり、最後、米兵に囲まれた時の演技も素晴らしい物でした。

渡辺謙さん演じる栗林中将の優しさと心の広さ、伊原剛志さん演じるバロン西も栗林中将と同じく優しく心が広い。

双方とも威張る事もなく惚れ惚れするほどのかっこいい人物で、こういう上司の下であったら命も惜しくないような気になりそうです。

こういう人物になりたいとも思います。

しかし、なんともいえないのが魅力的な人物双方共アメリカへ行ったことがある人物ということ。

双方実在した人物なのでフィクションではなく本当だったのですが、皮肉です。アメリカ、という事ではなくそれだけ広く世の中を見てきたからこそ魅力ある人物なのでしょう。

二人の俳優もマッチしており、渡辺謙さんはラストサムライより自然で深く、二人とも今までの外国映画の中の日本人でも屈指の魅力的人物となっております。

伊原剛志さんもこんなに魅力的な俳優さんだったんだと初めて知ったような気分です。

残念なのは、バロン西の馬。かわいそうでした。なんで連れて行くのだろうと思いました。しかし、馬の死も無下にせず悲しく撮ってくれております。

GFC氏に言われてそういえば忘れかけていたと思ったのが、栗林中将に付きしたがっている人です。この人は最後まで栗林中将を守ろうと必死に忠誠を守り通そうとします。目立たないですがそのけなげな態度は忘れがたい魅力的人物です。最後は一緒に埋めて欲しかった気もいたします。

加瀬亮さん演じる元憲兵の人生も皮肉です。

憲兵時代に犬がうるさいという事で母と幼い娘の前で犬を銃殺してこいと上官に命令され、優しさうえに犬を殺さず空に向けて発砲し、それが上官にばれて非国民呼ばわりで硫黄島に送られて無残に死んでいきます。

中村獅童さん演じる上官は、結構良かったです。
最近、変な意味で国民的大人気者ですが、この人の表情と演技は捨てがたいものです。
部下に厳しく容赦なく、勇気が誰よりもあるふりをして威張っていながら、自分だけ助かろうと死んだふりをして、助かります。

会社の上司や先生と呼ばれているようなお偉いさんたちや暴力的、威嚇的な人、態度がでかい人など結構こういうタイプって、世の中に多くいるので笑えます。

弱い者の勇気のなさをののしりながら、実は自分が一番勇気がなくいざとなったら隠れて一人で逃げてしまい、その事を上手く隠して上手く世の中を渡っていくタイプです。
今後も、俺は勇気があるんだぞ~!腰ぬけめ!と威張った態度で弱者を威嚇して生きていきそうです。

なんだか、この人が一番日本人らしくまた、人間らしく感じられるような気もいたしました。

戦場も自決シーンなどは目を覆いたくなるような悲惨さです。全く違うかもしれませんがディアハンターのロシアンルーレットシーンのような恐怖感です。

「父親達の星条旗」よりは死体のおぞましい映像はひかえてありますが、充分過ぎるほど戦場の恐さは伝わってきました。

「プライベートライアン」を見た時はまだ余裕があった私ですが、この二作品は全く余裕なくただただ戦争の恐ろしさを見せ付けられた気がいたしました。

戦場も恐いですが、国内も恐いです。
大宮のパン屋さんに届けられる赤紙のシーン。
おめでとうと無表情に威嚇的に反論を許さない近所の愛国婦人会の婦人達。
みんな好きな事も言えない世の中で誰もが同じ方向に進まないといけない風潮。
ちょっと変な事を言ったり反抗的な姿を垣間見せると非国民扱いされてしまいます。
国ってなんなんだろうとわからなくなってしまいます。
いじめ問題もこういう風潮と似たような気もいたします。

日本人て皆一緒の方向を向かないと許さない風潮を喜ぶ気があり、弱者を集団で叩く気があるので、今は平和でも何時このようになるとも限らない恐さもあります。まあ、日本人に限らないかもしれないですが・・・

しかし、現代みたいに逆になるとモラルがなくなってしまい文句ばっかり立派な人たちが横行しこれもまた問題。矛盾しております。

栗林中将の家族を思う穏やかな手紙と柔らかい物腰、それと対比する戦場の凄まじさ。これが本当にあった事である恐ろしさと悲しさ。充分伝わってきます。

また、驚いたのが硫黄島に日本人街があったこと。あんな島に・・・水はどうしていたのだろう。
これから調べていこうと思っております。

監督のクリント・イーストウッドの人間の描き方も素晴らしいし、感情的になりすぎずやや引いた視線で撮っている点も素晴らしいです。

戦争の悲惨さを押し付けや無理やり泣かせようとするのではなく、あるがままに描いているようで、俳優の演技も感情的になりすぎず自然であり、それがスッと映画の中に入っていけ、本当の恐ろしさを実感し自然と涙したような気にもさせられました。なんで日本でこういうのを撮れないのだろうと残念でなりません。

また日米双方の立場から公平に撮ったという事に人間の大きさも感じました。

こんな素晴らしい映画を見せていただき感謝です。

この二本の映画特に「硫黄島からの手紙」は私的に今年度No1映画でございました。

父兄含めて学校で上映してほしい映画ですね。会社でもかな(笑)
[PR]
by yururitositarou | 2006-12-30 02:10 | 映画

メタボラ、終わってしまいました

メタボラ378回目で12月21日朝刊にて終了いたしました。

悲しい余韻が残る終わり方。

寂しさが漂っております。

映画「真夜中のカーボーイ」のラストを思い出すような雰囲気です。

最後の方が駆け足的に進んでしまったのも悲しい気がします。

最後の絵もモノクロ扱いこれも悲しい気分。

人気なかったのかなぁ~。

d0063706_23523037.jpg


ハッピーエンドを望んだけれどやはり小説だとそうはいかないのでしょうかねぇ。

どうせだったら山田洋次の映画風に悲しいけれど救いもある心地よい終わりにして欲しかったのですが、内容からいって悲劇にするしかなかったのかなぁ。

社会で駄目なものは人生も駄目って感じですかね。悲しい~!

唯一の救いはギンジの顔が後半、別人のようにカッコよくなっていることです。

前半のギンジ↓
d0063706_0195575.jpg

d0063706_0202133.jpg


後半のギンジ↓
d0063706_0285610.jpg

d0063706_0292871.jpg


しかし、なにはともあれ一年間楽しませてもらえました。

ギンジとジェイクと共に夢を求めて旅した気分です。

旅の過程と出会った個性的な登場人物等が今は懐かしく感じます。

束の間の夢をありがとうという感じですね。

幸せをつかめる事を望んでいたけれど最後は悲しい結末。しかし、強く余韻は残っております。

ただ、途中から読んだせいか、最後までメタボラの意味がわかりませんでした。

とほほ~!

とりあえず本でたら買おうと思います。

桐野夏生さん、水口理恵子さん。一年間、楽しませて下さってありがとうございました。
[PR]
by yururitositarou | 2006-12-22 00:40 | メタボラ

「メタボラ」もうすぐ終わりそう

朝日新聞掲載の「メタボラ」そろそろ終わりそうです。
リンコ、なんだか素直な性格でかわいいな~。久々に再会したギンちゃんとジェイク。ジェイクの死にそうになっている姿にショック!ああ、ハッピーエンドで終わって欲しい~!
過去メタボラ記事は右サイドカテゴリに設置!といっても一記事だけですが。(笑)
[PR]
by yururitositarou | 2006-12-19 00:58 | メタボラ

グレイトフルデッド ビーンベア テネシージェッド その2

デッドベア特集その2で~す!

d0063706_118929.jpg



で、お薦めデッドアルバムコーナー!

といっても、アルバムはほとんど持っていないし知識が乏しい私のお薦めなので、参考にはならないかもしれないです。

単に心地いいからよく聞く順で言うと

1位ライブデッド
d0063706_1235694.jpg


ダークスター心地いいです。

ビーンベアーのダークスターは紫地に星模様デザインいいので、ほしいですね。

ダークなのでやや暗いですが、広々とした草原でゆっくりと雲が流れ、心地よい風が頬をなでるような感覚にトリップできます。

その他にもいい曲満載大好きアルバムです。

2位アオクソモクソア
d0063706_126521.jpg


ビーンベアーで言うとコスミックチャーリー入ってます。

結構いい曲です。

それ以外にもセント・ステファンやチャイナキャットサンフラワーは好きな曲です。

裏面

d0063706_1295930.jpg


この空気感があるからデッドが好きなんですね~。

でも、これはスタジオ収録です。

3位ヨーロッパ72

d0063706_1325229.jpg


ライブデッドよりも爽やかで明るく聞きやすい雰囲気です。

デッドベアで言うと1枚目に黄色のジャックストロー、二枚目にマイベアー、テネシージェドが収録されてます。

広々と伸びやかな空気感も味わえます。

4位グレイトフルデッド
d0063706_1374284.jpg


ライブアルバムですが、これはそんなに聴いてません。

一曲目のバーサなどは好きです。

やや空気感が落ちるのかなぁ。

出来るだけリラックスしてお聴きください・・・と書かれております(笑)。
d0063706_142650.jpg


番外
ザブリスキポイント(砂丘)
d0063706_1431477.jpg


イタリアの巨匠ミケランジェロ・アントニオーニが、アメリカで撮った映画「砂丘」のサントラです。

私の大好き映画ですが、世間の評判は低い映画です。

男女がザブリスキーポイントという観光地の土砂漠で幻想的に絡み合うシーンにジェリー・ガルシアの甘いギターが印象的です。

このシーン↓に流れます。(以下映画パンフ)
d0063706_1579100.jpg


一曲一曲はいいのですが、アルバムとしてはまとまりがありません。

オープニング曲「若者の鼓動」とラストの別荘爆破の超スローモーションシーン↓の曲「51号の幻想」(ピンクフロイド)も好きですね。51号のロジャー・ウォーターズの叫びはユージン斧に気をつけろと双璧です。
d0063706_204249.jpg


ストーリーよりも映像と空気を感じる映画です。
d0063706_2573715.jpg

d0063706_212691.jpg


ほとんど聴かないアルバム
d0063706_2296.jpg


アコースティックすぎて、物足りない感じです。

裏面にデッドベアの絵があります。
d0063706_235138.jpg


下の2作品は音が綺麗過ぎて空気感がなく、つまらないです。
売ってしまおうかと思っております。
d0063706_255660.jpg

d0063706_261790.jpg


以上、あくまで私の好みなのであんまり参考にしないで下さいね。

という事で、お口直しにテネシージェッドコーナー!

フニ~
d0063706_284654.jpg

ヨッコラショっと
d0063706_2111368.jpg

カモンベイビー!
d0063706_210680.jpg

疲れた。
d0063706_291849.jpg


以下、報告広告



ミツキ専用ホワイトタイガーベイビーもヨロシク!


d0063706_2181188.jpg


フギャ~!


d0063706_2184553.jpg

携帯でも読めるようになりました~!


d0063706_2203530.jpg


携帯版「ミツキの箱庭ペンダント」
(月夜六九名義で掲載中の読むSFファンタジーです)
携帯電話のカメラで撮ってくださいね。

d0063706_2214039.jpg

パソコン版は右サイドまたは↓クリック




ミツキの箱庭ペンダント




割り込み広告だめ~!
d0063706_2131746.jpg



ミツキ「ごめんなさい。だって、私、ジェッドより人気ないんだもん。それにここは私のサイトの一部なんだよ」

テネシージェッド「フニ~、ごめん。わかったっち」

ミツキ「もしや・・・、ジェッド中に入っているのはターちゃんでしょ!」

テネシージェッド「やばい、逃げるさ~」

ミツキ「やはり!うんもう、ターちゃんたら~!待って~、逃げないでよ~」

ホワイトタイガーベイビー「フギャー!」
[PR]
by yururitositarou | 2006-12-16 02:42 | グレイトフルデッド ビーンベア

グレイトフルデッド ビーンベア テネシージェッド その1

d0063706_0353551.jpg


グレイトフルデッド ビーンベア テネシージェッド衝動買いしました。

d0063706_0182883.jpg


かわいいです。

レトロワンというシリーズで復刻版のようです。

六種類あります。

d0063706_019433.jpg


テネーシージェッドは6/27/87Alpine Valleyと記載されてます。

グレイトフルデッドのコンサート記念として当時製造されたようです。

これはその復刻版で中国生産です。

名前はデッドの曲や詩などからつけられているらしいです。

詳しくはわかりませんがまだ19歳らしいです。

デッドの音楽は二十年近く聴いているのですが、この人形の存在は知りませんでした。

調べると、最近、ファッションでよく見受けられるようになったドクロマーク↓

d0063706_0274318.jpg


がデッドコンサートでトリップ中に熊に見えたことかららしいです。

で、なんでテネーシージェッドにしたかというと青が好きだったからです。

それともう一つ、せっかく買うのだったら知っている曲の名前がいいと思いました。

好きな曲→ダークスター

人形あるらしいですが、売っておりませんでした。

で、テネシージェッド。

d0063706_0594375.jpg


ネットショップで日本語表記みると曲の場合はテネシージェドとなっております。

どっちが正しいのか・・・

テネシージェドはの~んびりしていて大好きな曲です。歌詞はわからないのですが、聞いているとほんわか気分になる曲です。

私の持っている収録アルバムはヨーロッパ72。

d0063706_0361361.jpg


二枚組みライブアルバムで全体的に明るく聞きやすい曲が盛りだくさんなので、お薦めです。

同じレトロワン仲間の黄色いジャックストローはdisc1に入ってます。

d0063706_0385546.jpg


ビーンベア・ファンだったら必需品かもしれないです。

ジャックストローもいい曲ですが、、どちらかというとテネシージェドの方が好きなので、テネシージェッドに決定。

あと曲で知っているのはコズミックチャーリー。

サイケ模様の熊です。

これもいい曲です。

アルバムアオクソモクソアに収録されてます。

d0063706_0415685.jpg


天秤にかけて青が好きなのでテネシージェッドに最終決定しました。

後の三体は、赤いアルシア、ガイコツ模様のクレイジーフィンガー、水玉のペギーオーとありますが、すべて曲か歌詞かわからないし知りません。

デッドは昔から好きで聞いておりますが、知らない事ばかりで本当のファンではないかもしれないですね。

でも、曲は純粋に好きなので、よく聞いております。

その2へ続きます。
[PR]
by yururitositarou | 2006-12-16 01:01 | グレイトフルデッド ビーンベア

ジミー・ペイジフィギュア衝動買い。

ジミー・ペイジフィギュア衝動買いしてしまいました。

d0063706_2511597.jpg


あっ、ジミーとジミ、間違えました。

d0063706_2522812.jpg


こちらの組み合わせが正しいでです。

綴りも違いますね。

全然違うだろって事で、¥2,400 です。CDと写真は付いておりません。

アンプ付は付いております。でも、音は出ません。

これは飾り物ですし、¥2,400なので。

モノクロメンバー写真のジミー・ペイジ(いちばん左)のスーツはドラゴンではありません。

本物のドラゴンスーツ写真だったら比較できましたね。

アンプにつなぐコードは付いておりませんが、ギターストラップは取り外しでき軟らかいゴム素材なので肩に掛けられます。

d0063706_2552396.jpg


ドラゴンスーツ、有名ですが、調べたら実際は数回しか着ていないそうです。

後ろはこんな感じです。

結構、ドラゴンの顔がカワイイです。

d0063706_2562715.jpg


反対側はこんな感じ。

d0063706_2571656.jpg


↓横の写真とちょっと違います。

d0063706_25821100.jpg


写真の方が細かく作られてあります。特にギター。比較できない写真ですみません。

フィギュア買ったの初めてですが、こういうものなんでしょうね。

まあ、それを差し引いたとしても良くできていると思います。

本人と顔はあんまり似てないかもしれないですが、スタイルは当時のジミー・ペイジです。

レッド・ツェッペリンファンだったら買いですかね。

アップ

d0063706_2591859.jpg


ジャケットも柔らかい素材ですので脱がせそうですが駄目でした。

胸の部分もちゃんと作られてあります。

その写真は、失礼なので掲載いたしません。

腕の付け根部分のみが動きます。

これを置いてツェッペリン聞くと良いかもしれないですね。

私だったら、「幻惑されて」「永遠の詩」がいいですかね。

ジャラララララララ、ジャララララララ~♪

d0063706_303066.jpg


「永遠の詩」を、ものすごく聞きたくなって、部屋を探したけれどアルバム「聖なる館」が、見つからない。
他のアルバムはすぐに見つかったのに・・・
こういうもんなんですよね。

これの他にほしかったのがキース・エマーソンのフィギュアで、巨大なムーグシンセサイザーが付いていてカッコイイですが、2万円超えてたと思います。
値段見てすぐにあきらめました。

その代わりといってもなんですが、もう一つの衝動買いした人形が、グレイトフル・デッドのビーンベアで、次回はそれについて書きます。

さて、「聖なる館」を探さなきゃ。
[PR]
by yururitositarou | 2006-12-12 00:50 | ジミー・ペイジフィギュア